48時間酵素液断食〜ファスティングの成果

酵素ジュース

 

とても心地の良い月曜日の朝。

 

いつもは6時半に目覚めるのですが、今日は5時半に目覚めました。

 

体がとっても軽く、体内の毒素がどこかに消えて、きわめてクリーンな状態になった感があります。

 

 

48時間酵素液断食(ファスティング)を実践したことによって、体内の巡りを良くして、トラブルの元凶である老廃物を自然に排出してくれたのかもしれません。

 

体の中はリセットされたような感じですが、気持ちは非常に重かった……

 

 

昨夜、どうしておにぎりにむしゃぶりついてしまったのか……?

 

悔やんでも悔やみきれないという気持ちではなく、「あれはどうしようもない事故だったんだ」という不運を嘆く心持ちです。

 

 

しばらくしてから嫁が起きだして、「おはよう」の前にこう言ったのには驚きました。

 

 

「体重は量ったの? 体重

 

 

そんなこととうに忘れていました。
正確には、おにぎりにかぶりついた瞬間から、自分の体重なんてどうでもよくなっていたのです。

 

 

「私は知りたいの。あなたが今、何キロなのか、どうしてもどうしても、知・り・た・い・の!!」

 

 

嫁にしては珍しく、切実な嘆願に近いものでした。

 

彼女に促されて、私は体重計にのりました。
「もうどうでもいいや、好きにしてくれ」みたいな気持ちだったのです。

 

 

でも、そこに示されていた数字をみて、「おぉ〜っ!」と、わが目を疑いました。

 

ふたりしてぶったまげてしまったのです。

 

 

『優光泉』が私の体にもたらしたもの

 

では、もう一度、これまでの経過を振り返りますね。

 

48時間前は体重がこれだけありました。

 

ダイエット開始前の体重

 

で、酵素液ダイエットを開始して24時間後、これだけ減量できました。

 

24時間経過後の体重

 

 

ここまでは順調だったんです。

 

この調子でいけば、48時間ダイエット終了後、うまくいけば3キロ減もあるかもと期待しました。

 

 

しかし、昨夜、「衝動的かつ暴力的な食欲」に見舞われて、おにぎりにかぶりついてしまった……。

 

いちおう「断食」なわけですから48時間続かなかったことになる。

 

 

しかし、よくよく考えてみるとまだ失敗したわけじゃありません。

 

酵素液を使った置き換え断食の目的は、48時間断食を通すことではなく、いかに健康的に減量できるかであったはず。

 

嫁はそのことを私に気付かせてくれたわけなんです。

 

 

途中でおにぎりを食べたくらいで、体に肉はつきません。

 

それ以上に、酵素パワーは私の腸内環境をきれいにして、体内バランスを正常にしてくれたのです。

 

 

 

私の体重を確認した嫁は、ノートパソコンの電源をオンにして『優光泉酵素』の公式ホームページにアクセスしました。

 

 

「私も優光泉でファスティングすることに決めた。あなたはどうする?」と嫁が決然とした表情で訊いてきました。

 

 

「まとめ買いするとお得だから、2本セットで注文してくれないかな」と、自分でもビックリするくらい快活に返事して、私は出勤の支度を始めました。

 

 

体重66キロ

 

 

 

矢印 次の『優光泉ダイエットの感想と評価』へ